スマホ対応のバーチャルツアー

そのバーチャルツアー大丈夫?

とある休日、他社で公開されているバーチャルツアーをパソコンで眺めていたところ、
とても画質の良い美しい作品を見つけて感銘を受けました。

翌日、WammysのVR制作担当者に
「良い作品見つけたよ!」とあのバーチャルツアーをスマホで見せようとしたのですが、
いつまで待ってもバーチャルツアーが開始しないのです..

スマホをみる猫

にゃんだと..

スマホで表示できない原因

バーチャルツアーは一眼レフで作成した高解像度の画像を繋ぎ合わせて作成するため、ファイル容量がとても大きくなりがちです。

そのため、スマホのような非力な回線で読み込もうとすると、余裕で数十秒かかってしまいます。

また、画像の中にマップや間取り図を埋め込んだりしますが、
コレがスマホの画面サイズを考慮せずに埋め込まれている場合、
表示崩れを起こしてしまいバーチャルツアーとして成立しなくなってしまいます

スマホが主役の現代

昨今ホームページへのアクセスは、スマホが大半を占めるようになり、
モバイルファーストと呼ばれるほど、スマホへの考慮が重要になっています。

スマホ対応のバーチャルツアー

PC版とは別に、以下のようにスマホ最適化されたバーチャルツアーをもう一つ作成し、
ユーザーの意思で「高解像度版 or スマホ版」を切り替えられるようにするのが最適かと思います。

  • あえて解像度を控えめにしてファイル容量をコンパクトにする
  • マップの大きさなど、全ての見た目をスマホ最適化する
  • BGMなどの音は初期状態ではOFFにする
  • ユーザーエージェント判別して、スマホユーザーには自動的にスマホ版を表示

PR

スマホを持つ人物

Wammysでは、スマホ対応バーチャルツアーの制作も行っております