[群馬]新前橋でバーチャルツアー撮影

3月30日木曜日に群馬県前橋市内の新前橋にバーチャルツアー用の写真撮影に行ってきました。

ポカポカ陽気の当日は絶好の撮影日和でした。
そうは言えども、屋内の撮影だったので自分の影が写り込まないように太陽光と必死に格闘してきました。。。

360°パノラマ撮影の難敵は二つ

ひとつは

空間の撮影をする際に大切なのは〝自分〝の存在をいかに消すかです。
セルフタイマーを使って自分が遠くへ離れれば影の写り込みは防げるのですが、そんなことをしていると時間がいくらあっても足りません。

もうひとつの難敵は鏡やガラス窓

より良い写真を撮るためには〝自分に関わる物〝の存在を消す事が重要です。
鏡やガラス窓に、撮影者の姿や三脚とカメラが写ってしまうと写真の良さが半減してしまいます。

フィットネスクラブや洋品店などは鏡の宝庫です(笑)
後の編集で、ある程度誤魔化すことは可能なのですが写り込み問題はフォトグラファーの大きな課題です。

露出設定の重要性

カメラの露出とは絞りシャッタースピードの組み合わせの事です。

絞りは光の量の取り入れ具合の事で、ボカシなどのテクニック撮影の際に重要になります。
シャッタースピードは速ければ一瞬を捉える(滝の水しぶきなど)遅ければ光の表現が可能(自動車のテールランプの線状撮影など)となります。

360°パノラマ写真は上下左右、四方八方を撮影する訳なので、一方は暗く、一方は明るいという状況が多々あります。
その際の露出設定は大変重要で、うまくいった時はカメラマン冥利に尽きます。

新前橋でのバーチャルツアー詳細は企業上の都合でここに記載することは出来ませんが、実り多い充実した1日になりました。

360度写真でバーチャルツアーを作成するならWammysへご依頼ください[PR]

Wammysでは、360度パノラマ写真の撮影・制作を行っております。
バーチャルツアー作成プランをご覧ください。