【簡単写真編集】宣伝用の写真に文字入れをしてみる

今日はすごく簡単に、ちょっとオシャレな宣伝用写真を
作成する方法について記載させて頂きます。

自身で写真に文字入れをしよう思ったことのある方は
少なくはないのではないでしょうか?

しかし、実際にやってみたら、どこか安っぽく見えてしまい、
断念してしまった、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今日ご説明させて頂くのは、ほんの一例ですが、
ご参考にして頂けましたら幸いです。

編集ソフトの代表格、【Photoshop】を使用した方法について記載します。

アートボードを利用

アートボードに関する詳細な説明は割愛しますが、
利用することで得られる効果が大きいため、
今回はWebの一般設定の大きさ(1366px:768px)で作成してみます。

※ちなみにアートボードのサイズは作業後でも柔軟に変更可能です。

写真を取り込んだ様子がこちらです。

なんてことはない樹木の写真です。

文字を挿入してみる

『秋』というタイトルと「説明文」を
メイリオ字体で挿入してみます。

うーーーん。。。
良くないですね。

秋という文字を赤くしてみたものの、
黒文字が写真と被り、読みづらい上に電柱や電線が邪魔です。

写真にグラデーション効果を掛けてみる

では一度、文字のことは忘れて写真加工してみます。

グラデーションオーバーレイという機能で
文字を際立たせることと、邪魔な電柱の存在を薄れさせてみます。

何やら、よさげな印象になりました。
完全な白塗りや、不透明度を上げた長方形などで網掛けしなかった理由としては
不自然さを極力排除するためです。

文字挿入の仕上げ

まずは編集画像をご覧ください。

『秋』という文字にもグラデーション効果を掛け、
淡い印象を出すために、薄ピンクの長方形で網掛けしてみました。

画像編集・作成のコツ

上記の手順を踏んで作成を行ってきましたが、
出来上がりの良し悪しに関しては置いておいて、
ひとまず形にはなったかなと思っています。

デザインというものには「終わり=完成」がなく、
自身が納得したところで、完了させるものなのかと思います。

今回の記事では、
ツール操作の簡単な理解と、少しの工夫と応用で
誰にでも、それっぽく見えるものが作成出来ますよ!という事をお伝えしたかったので、
どなたかのご参考になりましたら幸いです!

画像編集や広告作成でお困りのことがありましたら、
ぜひワイミーズにご相談下さい。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら