Mayaで静止画を作成してみました

約2ヶ月ぶりの更新になってしまいました!

今回はとても個人的な内容になってしまいますが、
せっかく作成したので自分の真意も語りながら記事にさせて頂きます。

Mayaとは

そもそもMayaが何たるかについて
既にご存知の方には説明不要だと思いますので、
「Maya?歌手かなにか?」という方向けに簡単にご説明します。

3DCG制作の代表格ソフトウェアです。

具体的には3Dのものをモデリングして色付けして
本物に近い形に質感を設定して、人型だったら骨を入れて動かして・・・って長いですね。

結局、このソフトがあれば一人でも映画並みのムービー制作が出来ちゃいます!
(クオリティは別として)

静止画を作成した理由

そもそも3DCGなのに静止画!?という話なのですが、
私自身、Mayaを学び始めたばかりなので、動画は次の機会に作ります。

静止画のメリットはモデリングをある程度制約できる点です。
つまりは手抜きができます(笑)

写真と同様に構図を決めて出力することになるのですが、
例えば人物の場合、正面のみしか見せないのであれば、
背中側は極論平面でもOKなのです。

静止画でも相当苦労したので、
動画制作は、正直ゾッとします。。

テーマはお墓と桜

さて、今回は私の愛犬「かのん」のお墓を作りました。

昨年、息を引き取ってから約1年が経過したので、
自分の気持ちが天国に届くようにと制作を開始しました。

初めは幻想的な雰囲気の森の中に、ひっそりとお墓が佇み、
それが月明かりに照らされるようなものをイメージしながら作成したところ、
全く気分が乗らず、思い切って昼の桜をテーマにしてみました。

完成画像がこちらです。

精度や作り込み度は抜きにして、想いは込められたと思っています。
スイカとりんごが好きな雌のミニチュアダックスです。

2枚目のサイドストーリー

実はかのんの他にワンちゃんが3匹います(笑)
彼らは存命なので、彼らにはかのんの意思を継いでもらいたい思いと、
それを見守る自分というテーマで作成しました。

こちらです。

せっかくの桜が全然だめですが。。。

制作後記

業務レベルの3DCGを考えた時には0点の作品ですが、
自分のやりたい事や伝えたいことを全て表現できたと思っており、悔いなしです!

動画は私事抜きで真摯な作品制作に取り組もうと思っています。

ここまで読んでくださった方、
個人ブログのような内容にお付き合い頂きありがとうございます。

ワイミーズはVR・IT制作の会社ですので、
手法や技法など、疑問に思っている方向けの記事も投稿します。

こんなこと書いて?など何かご希望があれば
下記のリンクからのお問い合わせをお待ちしています!

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら