Googleストリートビューについて

今回はGoogleストリートビューの話をさせて頂きます。

Googleストリートビューとは

Google社が2007年に開始した世界中の道路沿いの風景を360°パノラマ写真で提供する
インターネットサービスの事です。

車の屋根に、地球儀のような丸いカメラを搭載して
路上を走っているアレ(ストリートビューカー)です。

自動車が走れない場所では、人が機材を背負って歩いて撮影をします。

つまり、一言で言うと【道】を撮影して
GoogleマップやGoogle Earth上で見ることが出来るものです。

室内のインドアビュー

上記の文章を読んで、あれ?と疑問に思った方もいらっしゃると思います。

そうなんです。
Google社が直接携わっているのは【道】の撮影までで
室内のインドアビューに関しては、一般の企業や一般の方の撮影・投稿によって成り立っています。

当社ワイミーズもその中の一社です。

インドアビューの有効性

とある独立系調査会社によるリサーチを
Google社が公表したレポートによると

お店や企業に対する情報検索のうち44%の割合で
地図サービスが使用されています。

そしてこの検索のうち、平均41%が
店舗の訪問に繋がります。

さらに検索情報に
写真と360°パノラマ写真が掲載されていると
ユーザーの関心が2倍になる。という調査結果が出ています。

これらの理由からも
インドアビューの掲載は集客に効果があることが言えます。

まだまだインドアビューの普及と浸透は発展途上です。
他社と差を付けるために御社も掲載をご検討されてみてはいかがでしょうか。

ワイミーズについて

ワイミーズではGoogleストリートビュー(インドアビュー)の撮影・公開はもちろん
よりデザイン性や表現の自由性に優れたバーチャルツアーの制作も行っています。

また、仕事として撮影をしてみたいという方との業務提携等も募集しております。
機材について不透明な部分もあるかと思いますので
丁寧に解説させて頂きますので、そういったお問い合わせもお待ちしてます。

※もちろんアドバイス料などの請求は致しません。

最後に、次回の記事は以前から書きます、と言いながら、結局延び延びになっていた
Googleストリートビューの実際の公開方法について触れたいと思いますので、お楽しみに!

360度写真でバーチャルツアーを作成するならWammysへご依頼ください[PR]

Wammysでは、360度パノラマ写真の撮影・制作を行っております。
バーチャルツアー作成プランをご覧ください。

ご自身でバーチャルツアー作成が可能なWebサービスPanoMixer360[PR]

PanoMixer360の詳細はこちら