【色の三原色】RGB?CMYK?ってなに?

Photoshopを使用される方なら、おそらくほとんどの方がご存知かと思いますが、
今日は【色】の話を記載させて頂きます。

色の三原色とは

色の三原色は、「光の三原色」と「色の三原色」のふたつが存在します。

光の三原色について

上ような図をご覧になったことがあるかと思いますが、
光の三原色は、赤:Red、緑:Green、青:Blueの三色を混ぜて明るく白に近づいていく混色方法を指します。

加法混色とも呼ばれ、テレビ、パソコン、など画面で見るような色を作成する際に
この方法を用います。

色の三原色について

色の三原色は、シアン:C、マゼンタ:M、イエロー:Y の三色を混ぜて暗く黒に近づいていく混色方法を指します。

減法混色とも呼ばれ、本、チラシ、名刺、など印刷物で見るような色を作成する際に
この方法を用います。

RGB?CMYK?

では、RGBとCMYKとは何かについてご説明します。

RGBとは

上記に記載した、【光の三原色】がまさにRGBです。
色の三原色を比較して、色の再現領域が広くなります。

CMYKとは

先の説明では、C・M・Yまでを記載しましたが
最後のKについてご説明します。

正式にはK=キープレートの略称なのですが、
K≒黒と覚えてしまってもいいかもしれません。

CMYの三色を混ぜると実際は「黒色」にはなってくれません。
濁った灰色になっていくイメージです。

そこで調整色をしてKを用いて、フルカラーを表現します。

6色プリンターなどでインクの黒が2つあるものがありますが
それは表現力を高める理由から、そのような仕様になっています。

CMYKって必要?

RGBの方が色の再現領域が広くなる、と記載しましたが、
それなら、CMYKは無くしてしまっても良いのでは?という疑問が
筆者にはありました。

結論から言うと、必要です!

基本的には、画面で見るもの(Webサイトなど)はRGBで作成、
紙に印刷する物はCMYKで作成、と覚えてしまってよいのですが、
【チラシを作成する】や【写真を印刷する】などの作業の際に色の概念が重要になってきます。

印刷物作成時の注意点

いざ、Photoshopなどを使用してチラシ作成を行ってみたとします。
チラシの内容に商品などの写真を取り込むことになると思います。

その際に、色味を調整して納得のいくものが出来たとしても
カラーモードが「RGB」になっていた場合、
印刷した際には「CMYK」に変換され、黒くくすみががった色で印刷されてしまい、
ガッカリした結果となってしまいます。

それを防ぐための方法をご紹介します。

Photoshopというソフトは非常に優秀なため、
新規データを作成する際に、「Web用」なのか「印刷物」なのかを選択することで
自動でRGBとCMYKの設定に振り分けてくれます。

しかし、前回の作業データの設定を引き継いでしまい、
RGB設定で印刷物の作成を始めてしまった場合には、

メニューバーの『イメージ』→『モード』でCMYKに変更することが可能です。
これでチラシ作成においての問題は解消されます。

しかし、ここでもうひとつ注意が必要です。
一度CMYKに設定してしまうと、再度RGBに戻した際に
以前のRGBの色味には戻りません。

説明が複雑になってきましたが、
お気に入りの写真を、印刷したいし、パソコン上でも楽しみたい、などの場合には
RGBモードの補正データは個別に保存しておき、
CMYKモードのデータを別途作成する必要があります。

長々と記述してしまいましたが
ご自身でデータを作成する場合には
設定とバックアップにはご注意ください!という話でした。

自身での作成に不安がある方や、
設定についてご不明点がある方は、お気軽にワイミーズにお問い合わせ下さい!

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら