Unityで建築ビジュアライゼーションデータを作成してみました

建築ビジュアライゼーションなどと
仰々しいタイトルで始まりました本日の投稿ですが、

そもそもビジュアライゼーション(Visualization)とは
「見えるようにする」ことを指す言葉ですので

建築ビジュアライゼーションとは
3DCGソフトを利用して建築モデルを本物の如く見えるようにすることを言います。

ちなみにこの投稿記事のアイキャッチに使用している画像は
写真のように見えますが、3DCGで作成されたデータ画像です。

さて、今回筆者が行った作業はCAD平面図を利用して
sketchupで3Dモデリングを作成後、
データをUnityに取り込みライティング等を調整、
マウスとキーボード操作で中を歩けるようにして出力しました。

(記事の最後の方にYouTubeに投稿した画像を埋め込んでいますので、飽きずに文章にお付き合いいただけましたら幸いです)

種類豊富な3DCGソフト

Autodesk社の「Maya」や「3ds Max」を始めとして
「CINEMA 4D」や「LightWave」「Shade」など多数のソフトが存在します。

最高峰は「Maya」と「3ds Max」の二大巨頭ですが
如何せん高いです。費用が掛かります。。。
(1年利用で約25万円です)

まずは実験的に制作を進めていったので
無料であり、建築モデリングに定評のある「sketchup」を使いました。

ちなみに「blender」というソフトも無料で利用出来ますが
操作方法が少し難しいので、今回はsketchup一択で決まりでした。

建築ビジュアライゼーション制作の流れ

sketchupでの3Dモデリングには苦労しました。
ネット上に情報はたくさんあるのでモデリング自体は可能ですが
どうしてもデータが重くなってしまったり
床面などが不要に反射するような状況が発生しました。

最終的にはなんとか形にできたので
無料の範疇で使用可能なdae形式でファイルを出力、
その後Unityに取り込みました。

Unityはほぼほぼ初心者のためこちらも苦労しました。
daeデータのインポートは難なくできましたが、
何故か床のテクスチャが単色になってしまったり、
FPSコントローラーを設置したら物理効果で奈落の底に永遠に落下したり、、(笑)

この辺の話は、制作に携わる方にとってはUnityあるあるかと思います。

Unityの素晴らしい点のひとつはライティング効果が
リアルでとても綺麗です。

取り込んだ3Dモデリングデータにベイクを施し、
Post Processing Stackによる調整とReflection Probesを配置することで
視覚的にリアルに近いライティング効果を実現できます。

見れる形に仕上がったところで今回はブラウザ用の出力を行いました。

だいぶ引っ張りましたが今回制作したデータはこちらです。

VRで不動産物件の内覧を出来る時代

不動産物件のVR内覧方法は大きくふたつあります。

・実物件の360°撮影を行い、ストリートビューの感覚で見る
・3DCGを用いた建築ビジュアライゼーションで見る

いずれの方法もHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用することで没入体験が可能です。

前者は実物件が必要になりますが、後者は3DCGのため実物件施工前でも制作が可能なのです。

つまり、最終的には住宅メーカーのモデルルームなどが
不要になる可能性を秘めています。
(一般的にモデルルームは展示後取り壊すため大きなコスト)

※ちなみに余談ですが、アントニオ・ガウディが設計を担当した生涯の力作
「サグラダファミリア」もこの技術の進歩によって工期が短縮されたという話があります。
(予定工期300年が150年に短縮、2026年完成予定)

近い将来、自宅に居ながらにしてモデルルームを内覧→家を購入という時代がくるはずです。

Wammysの展望と協力者への御礼

Wammysでは今般行った技術開発が世の中の役に立つことを望んでおります。
しかしながら、まだまだ発展途上であることも否めません。

そこで同じ志をもつ企業とのタッグで、より良い製品にしていきたいと考えております。
そのためのさらなる技術開発に時間は惜しみません。

ご興味をお持ちになって頂けましたら、ご連絡をお待ちしております。

また、今回の制作は心強い方の手助けのもとに完成に漕ぎつけました。
筆者はその方を師匠と尊敬しています。

ここで実名の公表は避けますが「O師匠」は
3DCG業界の最前線を行く凄腕クリエイターの方です。

この場を借りて御礼を申し上げます。
今後ともWammysを宜しくお願い致します。

建築ビジュアライゼーションはWammysへご相談ください[PR]

Wammysでは、3Dデータの制作を行っております。
お問い合わせページよりご相談ください。